ついつい忘れがちなお手入れの話【水濡れ編】

  • 投稿者: Megumi
  • 2016年9月8日 5:46 PM
  • 未分類

みなさまこんにちは

さて今日は鞄のお手入れの話。

 

追々となってしまい

時が経ちました。

 

 

今回ご紹介する鞄は

 

数年前にrobitaで一目惚れして

使って下さっていたお客様の大切にしていた鞄に

雨染みが出来てしまってタンスの肥やしになってしまった

そんなちょっとした話から、

お手入れ出来るのでお店でしませんか?と話した所、

日を改めて大切な鞄を持ってお店に来てくれました

 

それがこちら


そしてもう一つ


こちらの鞄でした。

 

 

ANC-288というMODELのBROWNとGRAYです。

製品染めをしているので

今店頭でお取り扱いしている鞄よりも

レザーが柔らかく

より一層使い込んだヴィンテージな風合いが出ています

 

 

 

遠目でみたら綺麗な鞄じゃない!

そう思うかもしれませんが、

 

 

目視すると結構な雨染みでした。


特にGRAYの雨染みは強敵でした。

 

せっかく可愛がっている鞄も

雨染みがついてしまったら

なんだか残念ですよね。

 

もしも

【雨染みや水濡れが起きてしまったら】

対処法をご紹介致します

 

①乾いた布やタオルで余分な水分を拭き取る

②水分を含んだ布で濡れた部分と同じ色になるくらい拭く

③完全に乾くまでレザーを自然乾燥させる

④再度オイルをしみ込ませる

⑤防水スプレーをかける

 

特に①〜②はなるべく早めに処置をする事を

強くおすすめ致します。

染みの残り方が格段に変化致します。

 

今回お預かりした鞄は

お時間も限られていて

水を含ませて自然乾燥をさせる行程を含めると

引き渡しに間に合わなかったので

ベーシックなケアで

どれだけ雨染みが改善されるか

私たちの挑戦にお客様が快く撮影にご協力して下さりました。

 

 

心を込めて磨き上げた鞄がコチラ


同じ雨染みがある場所を写真で撮りました。

 

今回の検証結果と致しましては

全部の染みを全く無くす事は出来ませんでした。

 

 

ですが久々に手を加えた鞄。

クリーニングで汚れを落としてしっかり

オイルをしみ込ませ輝きが増し、

息を吹き返しました。

 

クリーニングをする時に気を使った事は

オイルをしみ込ませる行程で

なるべくしみの色が馴染む様に

細やかに丁寧に磨きをかけることでした。

 

全体のビフォーアフターがコチラ



使用したオイルはこちら


Collonil

1909シュプリームクリームデラックス

100ml カラーレスタイプ

¥2800+tax

 

皮革への浸透力が高いシーダーウッドオイルと、

ラノリン等の天然オイルをブレンドしたクリームです。

ジェルのようなテクスチャーで軽い使用感ですが、少量で伸びがよく

バランス良く保革・栄養効果、柔軟性を与えることに優れております。

 

オイルをしみ込ませておくと、撥水性にも優れるので

実は防水スプレーよりは劣りますが、

オイルがしみているレザーとしみていないレザーとでは

染みの出来方に変化があるんですよ。

 

そして最後はもう雨染みが深くならない様に、

防水スプレーをおかけ致しました。

 

使用した防水スプレーはこちら


Collonil

1909シュプリームプロテクトスプレー

200ml

¥2000+tax

コチラの防水スプレーは

防水+防汚+天然オイル配合なので栄養補給も出来る優れもの。

クリーニングまでは中々…

そんな方はこのスプレーだけでも変えるといいですよ

 

たかがスプレー。されどスプレーなのです。

 

 

お手入れをさせて頂いたお客様は

息を吹き返した鞄をまた使いますと言い

お帰りになりました♡

 

 

2つの鞄のお手入れをするのに

所要時間は1時間程お時間を頂いて

集中してお客様の鞄をケアさせて頂きました。

 

今日のような変化の多い天気の日は

レザーBAG休業日として

是非皆様もスペシャルケアをしてみるのはいかがですか?

 

 

 

簡単にクリーニングをするのには

お時間5分〜10分程度頂戴致します。

お持ち頂ければ簡単なケアは無料でさせていただきますので

お気軽に店頭までお持ち下さい

 

 

心を込めて

クリーニング致します

 


 

MEGUMI

ホーム > 未分類 > ついつい忘れがちなお手入れの話【水濡れ編】

 

Copyright REALPOINT CO.,LTD. All Rights Reserved.